株式会社日本カーゴエキスプレス
JAPAN CARGO EXPRESS CO., LTD.
本社:
〒105-0003
東京都港区西新橋2丁目8番12号
TEL:03-5251-1021(代表)
FAX:03-5251-1010

メール室の提案

■メール室(メールルーム)無料診断サービス実施中  

-自社の「社内メールのシステム、メール室」は本当に上手くいってますか?−   

日本カーゴエキスプレスは、50社以上のメールサイトを受託・コンサルした経験から、貴社のメール室(メールルーム)、ドキュメントデリバリーを診断します。
当社は、オフィス内外の物流について総合的にご提案できる企業です。専門的視点を持つ経験豊かなメールスタッフにご相談ください。

相談の前に・・・
メール室(メールルーム)の業者委託の基本的な考え方の整理
     〜自社運営にするのか、専業者に委託するのか?〜

<自社で行う理由>

・人的資源の面にてどうしても自社のスタッフで行う。
・機密の内容なので自社で運営。
・今までの慣習 
・人事管理をすればコストを下げることができる。

<日本カーゴエキスプレスのご提案!>
メール室のアウトソーシング、委託を全部なのか?一部なのか?、お客様の考え方に大きく依存し構築することができます。人件費が直接運営により安く抑えられるというご意見もありますが、管理者の費用、緊急時の対応等見えないコストが発生するとご理解ください。
委託の場合は、メール業務をすべてのドキュメント及びカタログ、総務全般に至る総合的に且つ効率的に運営をすることが容易となります。
しっかりとした提案に加え独自のノウハウの提供や、継続的な高品質のサービスの維持が展開されるわけで、結果としてメールサービスとコストサービスの高次元でのバランスが達成されます。
また、近年、「宅配便業者の入札」「コピーセンター」「DM・請求書の発送オペレーション」さらには文具購入、資材購入に至るまで、日本カーゴエキスプレスが代行するお客様も増えております。 
是非、現在のお客様の現状にあった、メール室をお考えいただくことをおすすめします。

メール業務委託について 50社以上のメール室運営に携わり様々なご提案をしております。

プライバシーマークを取得し、個人情報はもちろん、企業情報に関してもその保護の重要性をもっとも認識している企業です。

貴社の現状をお聞きした上で、「作業人数のチェック」「サービスの程度」「業務上の問題点」を確認し当社といたしましてのご提案をさせていただきます。 

A.メール室の運営のポイント

1. 新聞配布の時間、及び各自配布かフロア集約か? 
2. 1日の発着、郵便件数、宅配便件数
3. 発送集荷の午前午後それぞれ巡回回数及びメール棚の数 
4. 郵便料金計器操作、遅延発送物・時間外発送への対応 
5. 宅配貨物の館内配達方法 、書留郵便の授受方法
6. メール室のレイアウト及び棚の配置
7. 貴社の希望するコミュニケーション品質・語学力 
   英語能力の有無・円滑且つ親密なコミュニケーションを希望するか? 
8. 物流のプロフェッショナルとの様々な収集力交換 
9.イントラネット、取引業者への広報の方法
10.障害者のスタッフの方との対応 
11.紛失時の責任問題の明確化
12.業務改善のサイクルの確立
13.BCPに対するメール室としての対応


コストダウンのご提案は
もちろん、貴社総務部様の
片腕としてメール業者の
ご活用をお奨めいたします。 

B.メールバック発送(宅配・航空便)の集約管理 

コストダウン及び高サービスご提案いたします。また、入札のお手伝いもいたします。

C.個別発送(宅配便)の集約管理 

各フロアにて担当者が独自に宅配業者を選択する例もございます。企業の機密保持、安全性の点からも
問題が生じることも考えられます。メールセンターへの集約をおすすめ申し上げます。 

D.本支店間のメール車運行の管理

本支店間のメール車も、メール室スタッフと合算して人数を考えることにより人員の削減につながります。 

E.大量発送物(DM・マニュアル等)の集約管理 

当社の特徴として、航空便、トラック便、宅配便、バイク便、チャーター便と、あらゆる輸送手段にご対応できます。定期刊行物、発送物等の大量封入が発生する場合、その梱包・封入作業から当社のバックヤードにてご対応申し上げます。当然お客様のデータ等の管理も代行いたします。

F.郵便発送の代行

貴社から郵便局までの持ち込みも行います。ご相談ください。 

G.コピーセンターのご提案

ドキュメントの総合管理の点からは、コピーセンターとの合同運営も、人員の削減につながることとなります。

H.包装資材・文具等のご提案・備品管理 

貴社専用の発送用段ボール、保管用ケースを用意できます。ご料金につきましては、貴社に関しましては梱包料に含めてのお見積も可能です。 また、パッキング資材や梱包用テープ、文具に関しましても、特別価格にてご提供させていただきます。当社は専門包装資材商社としての独立部門がありますので貴社に対しましても的確なサービスにて対応することができます。 

I. 総務付帯業務

様々な運送業者への価格交渉・引っ越しの手配、様々な業務についてご相談下さい。
また、費用発生に関する付け替え書類等の社内資料の作成に関しましてもお受けいたします。 
以上の内容を基本として料金のお見積をいたします。ご検討お願い申し上げます。

メール室(メールルーム)無料診断をお気軽に!
メール事業部(メール室について)へのお問合せフォーム
info@jcexp.co.jp TEL03-5251-3081 FAX03-5251-1010 
メール室業務の相談からコンサルティング。アウトソーシングの御相談。
メールバック輸送やセキュリティまで、お気軽に御相談ください。 
(担当:青木、佐藤) 

ページトップへ